The website under model collection
日払いアルバイトモデル募集中@モデルコレクション

フィティッシュに見せるこだわり

◆Contents shown to Fitish

ここでは、私が実際にモデルさんをフィティッシュに見せるこだわりをご紹介します。

私のこだわりのひとつに、女性ならではのボディラインがあります。
胸や脚はもちろんですが、特に重視しているのが、腰から太ももにかけてのラインです。
このラインがしなやかにかつ繊細に見えることが、美しい女性らしさを演出します。
また、美術的な華麗さを強調するのではなく、人間本来もつ性的感性への刺激を
忘れないようにしています。

難しいことはなく、単にエッチに見えるかどうかということですが、
かっこよく見せるだけではなく、その中で下品さも必要だと思ってます。
むしろ、下品であることへのこだわりがあります。

色へのこだわり

そのこだわりとは、まず色へのこだわりです。

色は、主に原色系の色や、蛍光色などの、はっきりした色を好みます。

たとえば、

おしゃれに見せるなら、寒色系グリーンなどの暗色を選びます。
 

ただ、このときは、光沢の出るツルツルとした素材にします。

活発的に見せるなら、原色系黄色やマゼンタあたりの純色や淡色といった明るい色を選びます。
   
   

暖色のオレンジや、淡色のブルーも好きです。

ボディラインへのこだわり@
ハイヒール編
次に、ボディラインをきれいに見せるために、ヒールが高く、割とシンプルな靴を選びます。
なぜ、ヒールの高い靴を選ぶのかというと、脚がきれいに見えるだけでなく、
多かれ少なかれお尻が持ち上がり、背筋が伸びて腰まわりのボディラインが美しくなります。
科学的に勉強したわけではないですが、「ハイヒールマジック」なんて本でも
ハイヒールの魅力について書かれているようなので、気になる方は参考にしてみてください。

ヒールの高さは、9cm〜12cmくらいがベストです。
先がやや厚底になっているものも背が高く見えてとてもフィティッシュです。
通常は、モデルさんに、なるべくヒールの高い靴を一足用意してきてもらってます。

だた、ヒールが高すぎると、逆に不自然になる場合もありますので、
足の甲が完全に立ってしまうようなものは、あまりよくないと思います。
あまりゴツゴツしているものや、
靴自体が主張してしまうようなものは良くありません。
あくまでも、主体はモデルさんなので、
シンプルで、かっこいいものがいいと思います。
靴に関しては、シルバーやゴールドなどは、
意外とそれ自体の派手さはなく、撮影に適しています。
ボディラインへのこだわりA
パンスト編

フィティッシュな美脚を演出するのは、
細くなくても、女性らしくかつ引き締まった脚でなくてはなりません。

脚の細い人なら、ニーハイソックスなんかもいいですが、
基本的には、モデルさんにはパンストを履いてもらってます。

それも、たいていは、パンツを履かずに、直履きに挑戦してもらってます。

パンストは、ベージュを基本としますが、濃い色のものやや薄めのものなど、
そのときの気分によって変えています。

マチのついていないもので、光沢が出るものを選んでいます。

その方が、静止画撮影時に、パンストに艶が出て、脚がセクシーに見えるからです。

光沢の出るパンストは、レースクィーンなどが履くタイツ系のものもありますが、
普段履きでも、とくに違和感のないものを選んでいます。

実際には、光沢のあるパンストは、あまり売っていないのですが、

時間のあるときに、新宿のオカダヤ、パールピンクでまとめ買いするか、
ネットなどで注文します。

一足500円〜800円くらいです。
左の写真のような、インポートもののパンストは、
薄地でしっかりとしていて、太もものところで生地が
厚手に切り替わっています。

インポートものは、値段も高いですが、
この手のパンストは、撮影に適しています。
こちらで買えます↓
インポートセクシーランジェリー通販【BUTTER】

光沢感のあるパンストはインポートものに多いですが、
たまに、¥400くらいの処分価格で販売しているときもあるので
要チェックです。↓
インポートランジェリーショップCoup de Coeur









HOME

プロフィール

Copyrightc 1995-2004, Tokyo Masa , Inc. All Rights Reserved.